【日本製】西川リビング枕カバー(のびのびピローケース)購入&感想

我が家は、肌触りのよい綿素材が好きです。夫は綿の中でも、特にタオル地がお気に入り。日本製・西川リビング綿パイル枕カバーのびのびピローケースを購入しました。

買った理由とその感想、節約という意味での反省点の記録です

夏は、掛け布団がわりにタオルケットを使用しています。にも関わらず「敷」については何故か「暑そう」という偏見が私にはありました。夏が来る度に「タオル地の敷きカバーがいい」と繰返す夫を、新婚の頃からずっと無視し続けた私(笑)

しかし、夫の要望に応え使ってみると、とても快適!!

数年前から、敷も掛けもタオル地という柔らかさに包まれて眠っております。夏は寝汗もより一掃吸収してくれそうですしね。タオル地にしてよかったと思います。

どうせなら・・・。
枕カバーもタオル地で揃えたいな
暑い夏の夜をより快適に過ごせるんじゃ?
そう思うようになりました。

但し、タオル地の枕カバーは起きた時に顔にあとがつきそうな気もします(←使用前のイメージです)。タオル地よりガーゼタイプがいいかも?と迷うだけで、買うまでには至らず数年経過。やがて買おうと思った事すら、忘れてしまいました。

そして、ある日ふらっと立ち寄った店舗で、タオル地(綿パイル)の枕カバーと、ガーゼタイプの枕カバーを見て思い出すのです。

SALEでした
衝動買いしました
ガーゼタイプ枕カバー買うつもりでした
間違ってタオル地タイプを買いました

それが、西川リビングの枕カバー(のびのびピローケース)です。とりあえず、枕カバーもタオル地にする事ができたのでヨシとしました

西川リビングのびのびピローケース感想

西川リビング日本製タオル地まくらカバー・のびのびピローケース
↑ブルーが夫、ピンクが私のつもりで購入。

西川リビングの枕カバー(のびのびピローケース)には、ファスナーがついていなくて、かぶせるだけのお手軽さ(ゴムで伸びる)。ずぼらな私にぴったり!と思って喜んでいましたが、残念ながら夫には不向きな商品でした。

肌触りがよく寝つきもよくなったような気がするし、私は快適なんですけど、何故か夫の枕は毎回、起きた時カバーがはずれています。夫の寝相には、ファスナー付きの枕カバーが必要らしいです。なので私専用カバーになりました

価格が高めなので売れなかった→セールになったと思ったんだけど、かぶせるだけの枕カバーって、寝ている間に取れちゃう人が多かったのかな?だからセールになっていたのか???と思いました。

「顔にあとがつくかも?」と気にしていた点は、パイルが細かかったおかげで、気にならなかったです

枕カバー コスパ反省点

肌触りはよかったし、夫の寝相が問題なだけで、私は特に製品に対する不満はありませんでしたが、自称・節約主婦として、枕カバーに数千円も支払ったという点は、反省するべきかもしれません。

私は家庭科(特に裁縫系)が苦手。当時「自分で作る」という考えはありませんでした。しかし後に、バスタオルで枕カバーを作っている人を見て「そっかー。自作すれば、そのぶん節約できたんだ~」と気づきました。

激安、しかもファスナー付けない簡単な方法

家事・育児・仕事で忙しい OR 時間が勿体ない(タイムイズマネー)な人は、市販品でもいいと思いますが、時間を作ろうと思えばいくらでも作れる専業主婦なんだった、私!と思いました。

それ以降、枕カバーは、なるべく手作りする事にしています。不器用で下手ですが「市販品とは違った味わいがある」と自身に言い聞かせています。

楽天市場で枕カバーを買う

関連リンク

この記事は、別ブログで2009/06/28に書いた記事を移動・追記したものです。リンクがきれていたらごめんなさい

0 件のコメント:

コメントを投稿